UTMF2018完走 備忘録 精神論⁉︎

100mileに出るにあたって諸先輩方から様々なアドバイスを頂いた。

 

気合い、根性、最後は気持ち、などなどメンタル系、精神論がやっぱり多かった。

 

実際走ってみて感じたのがやべぇ楽しい❗️

ペースは速くないが道中はおかしいぐらい楽しかった❗️

 

辛かったのは杓子…登りが辛いとか脚が終わったから辛いとかじゃなくて、睡魔と便意との戦いが1番追い込まれた…w

 

あと、ともかくなげぇ…

 

まじでなげぇ…笑

 

自分のペースだと河口湖周辺(90〜100km地点)になったのは翌日のお昼ぐらい。(スタートから20時間ぐらい)

もうSTYでよくねぇ…⁉︎

出る種目間違ったんじゃねぇ…⁉︎

 

なんて思いもありながら忍野を目指していたっけ。

 

レース前からずっとイメージしていたのが100k走った後にハセツネを走る。

これだけ。

完走できるかできないか、100kを超えるとどうなるのか?

ずっとわくわくしていた。

 

100k以上のレースはともかく楽しんだほうがいい。

辛くてヤバイ時は仮眠zzz

それでリセットできる。

 

人間辛さを忘れるには寝るしかないw

 

1番楽しかったのは霧山からの下り。

あの爽快感は格別だった…

 

また走りたくなるのかな…

 

f:id:to-ma7:20180526134524j:image

 

 

 

 

UTMF2018 完走 備忘録 シューズ

初mileレースでシューズも迷いに迷った…

 

 

[サロモン] S/LAB SENSE ULTRA 2 トレイルランニングシューズ L40213900 レーシング レッド UK 8(26.5 cm)



パワー系、重め300g前後。

丹羽さんがなかなか良いと言っていたけどこりゃ白人の体重、筋肉が大きな人向けな気がする。レディースとは作り違うのかな⁉︎

ソールの厚みの割にはクッションは固く走りやすいが、体重があって身体が大きい人向けな気がするな…

デザインはサロモンって感じのカラー。

スタート地点でも見かけたシューズでJR田中さんとか日本人トップ選手もちらほら履いていたと思う。

 

f:id:to-ma7:20180423121538j:image

 

f:id:to-ma7:20180423121549j:image 

フィーリングがイマイチで履くのはやめた。

 

f:id:to-ma7:20180423121727j:image

 

f:id:to-ma7:20180423121607j:image

軽い、走りやすい❗️

クッション性にフィーリングが合わず、ショートレース用かな。

 

(サロモン) Salomon メンズ ランニング・ウォーキング シューズ・靴 Sense Pro Max [並行輸入品]

 

f:id:to-ma7:20180423121618j:image

 

 

f:id:to-ma7:20180423121614j:image

 

フィーリングなかなか、クッションもなかなか、軽めでドロップするか迷ったが値段が可愛くない❗️ ただたけぇ。

 

基本消耗品のシューズは半額ぐらいじゃないと買わないw

 

結局、去年安くなっててFTR100用に買った

f:id:to-ma7:20180521104734j:image

 

ブルックス ランニングシューズ メンズ カルデラ MEN CALDERA ブルー 1102421D445 27.0cm

 

アメリカだともうカルデラ2も販売してるみたい…

 

軽めで、ふわふわしたクッションもよく、ロードも走りやすい。 

去年ハセツネ履いたがかなり良かった。

 

当日もちらほら履いてる方をみた。

手前味噌だがなかなかバランスのいいシューズだと思う。

トレイルがドライでもウェットでもグリップ良く、岩、木もツルツルいかない、それでいてロードで引っかかる感じがない。

他にはモントレイルやホカスピードゴードも履いてみたが、フィーリングが合わず。

ホカスピードゴートは履いてる選手は多々みた。

いいシューズ。だがたけぇ…笑

 

カルデラのおかげか道中足裏や爪などに一切トラブルなし。スレ、豆、水ぶくれ、爪が死ぬなど一切トラブル無し。

 

唯一気をつけたのが紐の締め具合。

あまり浮腫む事は無かったが、きつい時は緩めたり、小石や異物はその都度排除して違和感を見逃さずに対応した。

 

100mileは常に身体のモニタリングが大切。

 

 

UTMF2018 完走備忘録 補給食編

早々と本栖湖に着く前にジェル(ハニースティンガー)を胃が受け付けなくなってしまった…

 

富士宮、麓ではバナナ、コーラを順調に補給していたが本栖湖手前から気持ち悪くなり、トレイル上で何度かオェオェしていた。

予定時間は早々に諦め本栖湖のエイドで40分程寝た。

見事復活。

 

原因

天子ヶ岳登り中、上空のガスがとれ放射冷却がはじまり、そこから一気に気温が下がった。

麓のエイドで休んでいた時も寒いなと思いながらもタイツを履くのを面倒くさがり下半身を冷やしてしまった。

 

10度を下回る場合、掌の冷えや下半身の冷えに気を配らないと末端で冷えた血液が想定より内蔵を冷やしてしまう場合がある。

 

身体で放熱する部位→頭、首、掌、手首、腿内側、足首、など。

箱根駅伝の学生ですら、タンクトップ、短パンでも手袋で保温してる場合がある。

低温時、掌が冷たい場合すでに身体が冷えている場合がある。

また低温時でハイドレ、ボトル内も冷えてる場合、補給も一気に飲まず一口ごとに口の中で軽く温めたほうが内蔵トラブルを起こしにくくなる。

 

身体表面が冷える→内蔵系が冷える→身体が冷えたと判断→末端に血液を送らなくなる→脚が動かなくなる→熱がつくらなくなる→さらに冷える。

悪循環になり回復が難しくなる。

 

特に低体温症は初期の段階で気づき身体を温めて休めば数時間〜半日程度で回復する。

低体温症になりコアの温度も下がると入院コースとなる。

某プロランナーのOっ君も暑い暑いと言ってタンクトップで走ってたら冷えからのトラブルであえなくDNF。

スタッフ曰く手足が冷えきっていたとの事…

 

補給食と全然関係なかった… 

 

f:id:to-ma7:20180517095211j:image

 

道中をささえてくれた補給食。

グルテンイーストなどにアレルギーがあることが判明したのでレース前から極力摂取しないように努めた。

 

今回これがなかったら絶対完走できなかった…

親に隠れて食べていた頃が懐かしいボンタンアメ

主な原料水飴・砂糖・麦芽糖・もち米。10粒50gでなんと170kcalもあり炭水化物42gそこらへんのジェル並で胃がもたれない。しかもグルテンフリー。

セイカ食品 ボンタンアメ 14粒×10箱

兵六餅  主な原材料水飴、砂糖、麦芽糖、もち米、白あん70gでなんと243kcalしかも、草餅っぽい味で全くクセがない。緑茶と合う。こちらもグルテンフリー。 

セイカ食品 兵六餅 14粒×10箱

 

f:id:to-ma7:20180517095913j:image

 

そしてラムネwww

森永製菓 ラムネ 29g×20個

 

なんせブドウ糖90%❗️

ちょっと空腹感でたら数粒噛んで、水で流し込めばブドウ糖水溶液の出来上がり。即効性のある補給食。

ジェルの半額以下で安いし美味いし駄菓子様様❗️

これ不思議と子供の頃慣れ親しんだ味って飽きがこない。

 

30分〜1時間に1つジェル補給とか言われてるけど、慣れももちろんあるが、その日の体調、発汗量、気温、レースペース、メンタル等でトラブル無しでいける時もあるし、早々にトラブルを起きてしまう時もある。

また味に飽きてあんまり美味しくないなと思って取るとトラブルを起こしやすい

かも…(メンタルかw⁉︎)

 

結局使わなかったゼリータイプ。

ガッツギア(子供向けばかりで怪しいおっさんではないが…)

去年は空腹感を紛らわす為に愛用していたが250gで200kcalとだいぶ重くドロップもしておいたが道中持ち歩くのはやめた。

ガッツギアのマスカットはマジで美味い❗️お試しあれ❗️

f:id:to-ma7:20180517102644j:image

その他補給食

HONEY STINGERハニースティンガーエナジージェルおためし8味セット 【補給食説明書付】

個人的にはアサイー味が1番。某プロランナーOっ君はGOLDをメインにしてるけど高いし頭痛が起きるぐらい甘いw

 

カフェイン32mg入りジンセンも味が結構クセがあり、気分転換にはなるw

 

VESPA SPORTS(ヴェスパスポーツ) VESPA HYPER 9g×12個入り

 

わかりやすく3時間おきに摂取。効果は⁉︎

とりあえずUTMF2018完走できたw

2日目辺りから頭が回らず摂取したかどうかわからなくなってた…

予定時間より遅くなったのにゴール後余ってるw

 

ミドリ安全 塩熱サプリ 30g(24粒入り)

 

水は今回積極的に取ったが手に浮腫みを感じたら摂取。

2〜3時間に一粒ぐらい。

電解質も取ればいいってもんじゃなくてとりすぎるとトラブルになる。

OS-1をハイドレに入れる選手もいるみたいだけど…

 

初100mileでなるべくケミカル的な物は肝臓、胃に負担になると思って排除したつもり…

まぁコーラがぶ飲みだけどw

 

エイドで補給した物

バナナ、バナナ、バナナ、バナナ、バナナ、コーラ、コーラ、コーラ、コーラ

湯葉丼→トラブル後最高に美味しかった

おにぎり→お味噌汁に入れると最高

豚汁→最高

シジミ味噌汁→最高。コース上ローソンでげっと。

 

腹が減って腹が減って、固形物をむしゃむしゃ食べれてよかった。

道中の便意が大変だったけど…w

 

エイド到着が遅い選手は食べ物が無かったみたい…

特にSTYと被っていたエイドはバナナすら無くなってたと聞いた。

麓でも自分が到着した時には名物の焼きそばは片付けてたっけ… 

あまり贅沢は言いたくはないが、個人的にはもっとお米の提供があっていいのではないかと思った。

また日清あたりの食品メーカーに協賛していただいて、カップ麺系もあるといいと思う。

海外選手が3割程度いたので、やっぱりソバ、ラーメンは提供あったらとか思う。

まぁ運営に一億五千万以上かかってるとの事なのでエイドの補給食は多分今後も変えられないと思う。

なのでコンビニが許可されたので、うまく使うプラン(河口湖周辺、山中湖きらら周辺)

ただし、まじでおにぎりは全然ない場合があるのでお米の食べたい選手はモンベル | オンラインショップ | 五目 リゾッタジップロックに分けて入れるのもおススメ。

アルファ米 白飯100g×5食

もいいが時間がかかる。

エイドでお湯もらえばリゾッタは3分。

個人的には五目と梅しそ味が食べやすいし海外レースでも携帯できる。

 

100mileになると補給食って奥が深いな…



 

UTMF2018 完走備忘録 装備編

ハセツネのみで貯めたポイントでなんとか出場する事ができたULTRA-TRAIL Mt.FUJI

 

抽選が決まった時から当日まで何を持つか装備は迷いに迷った。

またドロップする荷物も最後の最後まで迷った。

当日もレース中も迷いに迷った…

優柔不断なのか⁉︎

 

まぁ常にベストを考えていた。

 

なんせ70km以上のレース全く想像できない未知の領域…

 

走れる?不安もあり身体がどうなるかわからないのでありとあらゆる想定を考えた。

 

f:id:to-ma7:20180514111608j:image

 

ウェア

モンベル | オンラインショップ | クール ノースリーブジップシャツ Men's

ジップの開け閉めで細かく体温調整できる

パンツ

ミントヒルショーツルイ|マウンテンハードウェア 公式サイト - Mountain Hardwear

このパンツは最高の出来だと思う。マジックテープポケットも最高。

ソックス

商品詳細 - TMW-37 | 武田レッグウェアー株式会社

トランスジャパンアルプスレース 2018 | Trans Japan Alps Race 2018の猛者達も愛用のお墨付き。ずっと愛用している名品。今回は精進湖で新しいのに履き替えた。マメや擦れ、爪を含め足裏にトラブルは一切なかった。

 

アームカバー

商品詳細 - TSA-11 | 武田レッグウェアー株式会社

体温調整の為に道中1番使った。上げたり下げたり付けたり外したり。

インナー

軽くムスコ周りのホールド力があり擦れにくく、某プロランナーOっ君もエアリズム一択とおっしゃっていた。

 

腹巻 

モンベル | オンラインショップ | ウエストウォーマー

汗冷え無縁。腹腰周りの擦れ防止にもなる。

バラクラバ

モンベル | オンラインショップ | 検索結果

首に巻いたりかぶったり、雪山からトレイルランまで寒さ対策に色々と使える。

 

グローブ

モンベルメリノウールグローブ

手の保温、タッチパネル対応できる。

 

ショーワグローブ 【透湿防水】No281テムレス Lサイズ 1双



テムレス、雨天時用。TJARの猛者達も愛用。

スキンメッシュT商品詳細 | アウトドアブランド ファイントラック

ノースリーブの場合、下にスキンメッシュを着けると気化熱が肌から直接じゃなくなり少しながら保温力と腹回りの冷えが低減できる。

 

アウタージャケット

モンベル | オンラインショップ | ウルトラ ライトシェルジャケット Men's

気温次第だったが、保温力より通気性を

重要視してゴアじゃないアウターにした。

アウタージャケット  ゴアテックス

モンベル | オンラインショップ | トレントフライヤー ジャケット Men's

雨なら間違いゴアにしてた。

トラブル用、2日目夜気温次第で変更しようと精進湖にドロップ。

 

アウターパンツ

モンベル | オンラインショップ | トレントフライヤー パンツ Men's

雨、保温の用途しかないのでゴア一択。

 

アウターは気温、標高、天候、風によって変える必要がある。

気温が低く保温力を重視するならゴアテックスが有能。

基本的なゴアテックスは透湿性はあるが通気性はなく、防風100%

そのため気温が低い中汗をかいても気化熱による影響は少ない。保温力がある。

ゴアテックスじゃない素材の場合、透湿性はもちろんあるが防風性は100%ではない場合もあるのでその素材によるが50%〜風が抜けていく。

気温が低く、風があると気化熱による影響が大きい。保温力は低い。

特に強風時は本当にスースー(気化熱)するがトレラン程の運動強度だと蒸れが少ないのでとても重宝する。

ゴアテックス製アウターでベンチレーションが脇などにない場合蒸れ蒸れになってしまう。

下半身は特に熱を作るのでアウターパンツは蒸れ蒸れになる…

またタイツなど履かないで素肌に直で着用すると汗でベタベタになり不快で内側が濡れてしまって透湿性も落ちてしまう…

ゴアテックス製と言われると高いし、完璧な素材の様に思われがちだが、状況に応じて材質の違うアウターも選択肢として持っていたほうが身体に負担を軽減できあらゆる気候などに対応できる。

 

タイツは保温力のみで考えていたので賛否あるがヒートテック

汗冷えするとか色々言われるが汗かいてタイツが濡れるぐらいなら脱げばいいだけ。

 

山中で動けなくなった最悪のケースも考えて

モンベル | オンラインショップ | プラズマ1000 アルパインダウン パーカ

値段は高いが雪山もやるので軽いしコンパクトだしめっちゃ温かい重宝したダウン。

バックパックの1番底に入れてるけど夜間エイドで休む時、出すのをめんどくさがらず何度も使用。

仮眠所で毛布が無くてもへっちゃら、二十曲峠、山中湖きらら、富士吉田、気温がかなり低かったエイドだったので身体を冷やす事なく休めたのは完走につながったと思う。

寒いエイドでダウン着ていたランナーは少数だったな…

山中で動けなくなったらどーすんだろ。

レスキューシートだけじゃめっちゃ寒いぜ…

身体を冷やさない為に休憩時はすぐダウンとかアウターを着る行動は山屋的には当たり前なんだけどな。

 

 

 

 

 

 

 

 

UTMF2018 完走 備忘録 その5

f:id:to-ma7:20180512091030j:image

とぼとぼと富士吉田エイドに到着後、すぐに富士吉田うどんをいただく!

(ここまで、グルテンフリーできたので最後ぐらい大丈夫だろうということで)

安定の🍌もちろんいただき、眠いので仮眠所へ直行…

最後の最後で毛布ゲット❗️

一瞬で爆睡し30時程寝る。

最終エイドでも寝て、寝まくる100mileとなる。

ラスト13km程だがもう一山越えなければならないので油断できない。

しかも気温が上がりそう…

仮眠後さらに🍌をさらに食べ、ラスト3時間とみていたので一本補給食としてもらう。

コーラも飲んで意気揚々とエイド出発、行ってきまーす❗️なんて元気よく出てハイドレ確認したら残量ほぼ無い…

基本エイド着いたら補給してたんだけど、暑くなりそうだから出る時に補給しようと思って忘れてた…

苦笑いされながらすぐさまエイドに戻り1L補給。

100mileあるあるなのかもしれないけど、まじで後半は頭が回らない。

ベスパを飲む時間とかちょいミスが増える。

気温が上がってしかも登る登る、だいたい霜山まで500up疲れてるから1時間はかかるかなと思いながらひたすら登る。

途中暑くなり過ぎて、ヒートテックを脱ぐ。

ピーク付近でラスト8kmぐらい。

河口湖の周りだけで3kだからもう下りはあと2kぐらいか、膝は相変わらず痛かったけど、ついに下りに入ってから痛みが消えた?

アドレナリン?

ともかく痛くてもフォームを崩さず歩いたり、走ったりしたのが幸いしたのか⁉︎

ここからは水を得た魚状態で、ガンガン下れて最高に楽しかった❗️

河口湖に下りる地点でUTWTのGM

ぼんやり思い出し開会式で挨拶していたおっさんやろ⁉︎

やたらと話しかけられて、少し喋ってたら1kmぐらい河口湖周りウッドチップを並走してきて焦った…  しかも速い速い…

こっちは167k超えてんだから…

ともかく膝の痛みが消えたので楽しくて楽しくてガンガン走る❗️

いよいよ旅が終わってしまう…

f:id:to-ma7:20180513130407j:image

 

最後の最後まで最高の富士山。

f:id:to-ma7:20180513130454j:image

 

時間帯も良かったのか人生でこんなにも拍手やハイタッチをされた事なかったので、嬉し恥ずかしおっさんが両手を広げてハイタッチしながらゴールの花道を走れました。

 

鏑木さんをはじめ運営の方々、全てのボラスタッフに感謝。

初mile最高に楽しかったレース❗️

f:id:to-ma7:20180513130923j:image

 

 

 

 

 

UTMF2018 完走 備忘録 その4

山中湖きらら〜富士吉田。

 

f:id:to-ma7:20180511141830j:image

 

山中湖きらら辺りから予想通り相当気温が下がってきた。

 

装備編でも書く予定だが、内臓の冷えが1番やばいので肌に直接腹巻。

メリノウールなので汗冷え感は全くない。また敏感肌だが一度もチクチクした事もなく、腹だけでもなくネック、ヘッドとどこでも付けられる優秀な防寒アイテム。

 

mont-bell(モンベル) スーパーメリノウールEXP. ウエストウォーマー BK 1107568 (BK, L)

その上からスキンメッシュ。

ファイントラック(finetrack) スキンメッシュ ノースリーブ メンズ NV FUM0416 XL

賛否あるが、スキンメッシュは柔らかい材質で、パワーメッシュは生地が硬く長時間つけてると擦れて痛くなってくる。

RLアームカバー、モンベルメリノウール手袋と下も素肌は出さずにレインパンツを履いてエイドを出発。

個人的な感覚だが、やはり2晩目に入り筋肉に疲れが出ており発熱量が下がっている感じ。

なかなか身体が温まらない。

 

大先輩からはきらら以降はハセツネみたいなものだと聞いたていて、大きなアップダウンの繰り返し。

途中地元ハンター⁉︎らしきお爺さんが大丈夫だと思うけど熊に気をつけて〜なんて真っ暗なトレイルから出てきてすれ違う。

 

2ついい感じの峠を越えまたまた石割山へと登り返し。

きららであまり眠気なく仮眠しなかったので二十曲で寝れるからいいやと思っていた矢先…

石割山で大先輩と再び会え仮眠所ないよ…と一言。

あれま…やっちまった…

この時間ならまだまだ富士吉田で寝れるから大丈夫と!

うーむ、眠い…

二十曲への下りは土嚢袋がトレイルに敷き詰められており、滑る滑る。

試走の時もここは捻挫し易くてやばいと感じていた。

 

そうこうしているうちにあっという間に二十曲峠エイド到着。

141km地点。

テント内はストーブがあり温かい。

ベンチには何人もうつむいたまま動かないランナー達がちらほら。

プロランナーの石川さんがバナナとオレンジをカットしてた笑

下からもってきたシジミの味噌汁投入。

外は寒いせいかベンチはガラガラだったので、めんどくさがらずにダウンを着て軽く寝た…

ともかく眠い…

ここから杓子までは眠気が酷くて本当に辛かった…

眠くて眠くて、身体が言うことを聞かない… どこかにカフェインタブレットを入れたはずなのに見当たらないし(家について片付けている際バックパックの1番底から出てきた…トレランあるある)

 

杓子の登りは強烈な眠気に襲われ、この後ロープ箇所がやばいと思い、何度か風の通り道を避けて横たわって仮眠の繰り返し。

 

何度寝ても眠い…

脳からは休め休めとダルダル信号が出っ放しのままロープセクションへ突入。

しかも、なんと便意まで… 

おいおいまじか強烈な眠気+便意というカオス状態。

しかも両側は崖…  

身体を隠す場所もないしこりゃ滑落する…

やばいやばいやばいやばい…

それでも眠気が取れないし…

なんとか命からがら杓子の分岐へ。

他の選手に怪訝な顔をされたが気にせず1人コースを思いっきり外れて闇の中へ。

点滅灯とかほんと目立つし、全てを消して闇と同化。  

携帯トイレ様様。

なんとかキジ撃ちをすませ、眠気も吹き飛び意気揚々と杓子ピークへ。

 

真っ暗な鐘を鳴らすのはあなーたー♪(スタッフ用テントがそばにあった為配慮して心の中で鳴らしました)

f:id:to-ma7:20180511180203j:image

まだまだ夜は明けない。

 

杓子の下りもこれまた曲者。

要所要所にはロープが張ってあり助かった。

眠気も吹き飛び、出すもん出して身体も軽くてガンガン下ってしまった…

 

お陰で林道で見事に脚が売切れ状態…

しかも杓子の下り途中で明るくなって結局全然幻覚とか見えないじゃーんと思っていたら…

なんでもない林道にをとぼとぼ歩いてたら幻覚というか見える見える。

 

切株やら枝やら丸太やらが横たわった人に寝てる人などそこら中に人が倒れててやばかった…

 

人によっては熊とかに見えて気が気じゃ無くなるらしい…

災難やな。

 

ロードにでても走れない走れない…

とぼとぼ早足で富士吉田を目指す。

可愛い女の子スタッフがナイスラン♡頑張ってくださーい♡なんて言われても全く走れまテン…

女の子がいるところだけ走るおっさんランナーとかあれなんなんですかね?あんたさっきまでとぼとぼ歩いてたやん。

なぜ急に走り出す⁉︎

 

と思いながら最終エイド富士吉田到着。

155km地点。

 

続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UTMF2018 完走 備忘録 その3

勝山〜山中湖きらら。

 

勝山を出るとひたらすらロード…

途中、林道に入るが基本はロード…

お昼も回り気温は1番高い時間に突入。

 

予定通りなら午前中の涼しい時間に通過していたのだか。

 

ドロップしていた初のサンバイザーが大活躍。

 

フジヤマからキャーキャー声が聞こえて楽しそう。

f:id:to-ma7:20180509153114j:image

 

暑いのでコース上ローソンにピットイン、ガリガリ君で体内から冷やす。

 

f:id:to-ma7:20180509153214j:image

 

またシジミのお味噌汁が無性に飲みたくてゲット。

 

道中の安全を祈願しながら浅間神社通過⛩

f:id:to-ma7:20180509213725j:image

 

ここからは試走に来たので忍野までは特に問題なし。

やはり後半部分真夜中だったがテストしといて良かった。

なんとなくコースがわかってるだけで気持ちが楽。

 

富士山の見える温泉旅館。富士山温泉ホテル鐘山苑公式HP裏手側が大会中のみ通行可能になっていた。

(試走時は立入禁止になっており鐘山園正面を横切り裏手に回った)

 

林道をだらだらと登り、開けたところから富士山。

まだまだ暑い…

f:id:to-ma7:20180510113245j:image

サクッと忍野到着。113km地点。

 

途中、ピースキャップを被ったチャラい感じのランナーにご一緒させてもらった。仮眠をほとんどしてなく、忍野で寝るかきららで寝るか迷っていたが彼は明るいうちにきららに向かいたいって事で先に行かれた。

一理あるなと思い参考にさせてもらってとりあえず🍌、コーラを補給して15分程度休んでからすぐに出発。

 

遅い時間に忍野に到着した選手はやはり食べ物が無かったみたい…  

 

忍野エイド入り口でレギュレーションチェック有り。

レインジャケット、ライト、レスキューシート、携帯バッテリー残量(たしか20%以上と言われた気がする)

 

暑いからレインジャケットを精進湖にてデポしてしまいDNFになった選手がいたそう。

SNS上では賛否あったが、明確なレギュレーション違反であり賛否等の議論は必要ない。  

2日目はオフィシャルでもアナウンスしていたが、放射冷却が強まり、しかも風が出るため気温が下がると予想できる。

日中も暑かったけど予想よりは涼しい気温、しかも湿度が低い。

日が落ちたら確実に寒くなりレインジャケット無しで山中湖以上いけると思えるのがすごい…

 

川の土手沿いを走り、田んぼを抜けて石割山へと続くトレイル&階段地獄…

 

振り返ると富士山。相変わらず綺麗。

f:id:to-ma7:20180510184638j:image

石割山頂上のスタッフがまさかの大先輩が迎えてくれて本当に元気をいただけた。

登り返した頃は寝てるかもなんて言われたが…

こここらの下りでライトいるから付けたほうがいいよとアドバイス

石割山の下りのエグい事。全然走れる下りじゃない…  

登りは直登みたいな感じだし下りは段差だらけ…荒れ果てたトレイルって感じ。

ロードに出てからも長い長い、足が売切れな感じだったのでひたすら早足できららを目指す。

途中セブンで🍙2つゲット。  

米食わなきゃ力が入らん。

山中湖きらら到着。128km地点。

 

ローソンでお味噌汁買ってきたのにエイドで豚汁あった…

ここからがいよいよ後半戦。数々のアドバイスの1つに100mileは100km、120kmからが本番なんて言われていたので気合いを入れて豚汁数杯、🍌、コーラ、おにぎり2つ。とりあえず仮眠しようとフラフラしていたらなんとマッサージがすぐに入れるって❗️

マジか…

藁にもすがる思いでマッサージのテントへ。

先生にとりあえず腸脛靭帯からの膝痛、アキレス腱周りの張りと軽い痛み。

15分ぐらいマッサージしていただいて左膝痛がなんととれた❗️

筋肉が収縮しっぱなしになって硬くなっていたとのこと。

色々とマッサージを受けてきたけど、相当な腕前だった。

名前は教えていただけなかったが、神奈川でフットサルのトレーナーや3店舗ほどを回って施術してるらしい…

さすがに120k走ってきた脚をマッサージするのは今回が初めてとの事。 

力の加減、張りのある筋肉や靭帯の箇所を的確に触診でマッサージされた。

ありゃまじで凄腕。

脚が解放された感じでとりあえず仮眠所へ相変わらずタイミング悪く毛布がなかったが軽く横になる。

15分程して寝れなかったので出発の矢先…

🐻出没のお知らせが緊急メールにて…

f:id:to-ma7:20180510223835p:image

 

おいおい…

 

っと思いながらあんまり気にしないけど。 

続く

UTMF 2018 完走備忘録 その1 - 美容師日記

UTMF 2018 完走備忘録 その2 - 美容師日記